月刊小泉麻耶

2017/11/14

月刊小泉麻耶 (SHINCHO MOOK 103)
月刊小泉麻耶 (SHINCHO MOOK 103)
■レビュー
月刊シリーズ最新刊は、
現役女子高生として写真集をリリースしたのが仇となって、
人生の方向転換を迫られる事となった小泉麻耶さんの最新作です。
こういう後ろ暗いイメージがあるせいか、
どうも彼女のグラビアってアングラ感が否めないんですが・・・


■萌えポイント
さすがに元現役女子高生だけあって、
ヤバいぐらい制服姿が似合うんですが・・・
それだけでなく、ホテルでの下着姿に手ブラにお尻半分と、
がっつり露出しちゃってます♪
胸の血管とかが妙に生々しかったりするし、
憂いを帯びた表情がなんともいやらしかったりして、
小泉麻耶さんらしさは出てると思います。
まあ、月刊シリーズとしては及第点じゃないですか?


ちなみに、私的には後ろ3ページぐらいかな?
笑顔の小泉麻耶さんが逆に印象に残りました。
ここまで目を細めて笑うって・・・
彼女のグラビアではなかなかない事だと思うので、
それが見れただけでも手にした価値はあったのかなって思います。


なんかね・・・小泉麻耶さんのグラビアって、
人形を愛でる感じの撮り方が多いんだけど、
彼女だって女の子なんだから、もっと生々しい感じというか、
表情がつけばすんげぇかわいいんじゃないかと、
・・・私は勝手に思ってるんですけどね。


■残念ポイント
制服と・・・ラブホ。
いかにも援助交際的なシチュエーション作りは、
彼女の場合は妙にリアルすぎてダメなんじゃないかと思うな。


確かに月刊シリーズって篠原涼子さんや永作博美さんといった、
黎明期の頃からすでにSMチックだったり、
暴力的なものを思わせるカットはいくつもあったけど、
枠外に薬を配置してみたりとか、
ラブホの料金パネルの前で撮ったりとか・・・
犯罪を助長するような表現には若干悪意のようなものを感じます。


美味しんぼの究極のメニュー・至高のメニューの精神じゃないけど、
素材にとことん惚れこみ、素材の良さをとことん引き出す・・・
そういう方向でのモノづくりってできませんかね?

月刊小泉麻耶 (SHINCHO MOOK 103)
月刊小泉麻耶 (SHINCHO MOOK 103)沢渡 朔

新潮社 2008-06
売り上げランキング : 313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
月刊尾形沙耶香 (SHINCHO MOOK 102) 月刊鈴木茜 月刊森下悠里 (SHINCHO MOOK 101) 月刊100アニバーサリー (SHINCHO MOOK 100) 月刊紗耶 (SHINCHO MOOK 98)